日曜日, 2月 20, 2011

RHELでCD/DVDをマウント・アンマウントする

su
mkdir -p /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom

umount /dev/cdrom
※ 本来はFHS(Filesystem Hierarchy Standard)に従って、/media/cdromにマウントするべきなんだけれども、OSの自動マウント機能がここを使うんで、/mnt/cdromという古いシキタリwに従ってます。
http://proton.pathname.com/fhs/pub/fhs-2.3.html#MEDIAMOUNTPOINT
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/s1-filesystem-fhs.html

※マウントがうまくいかない場合は
mount -t iso9660 /dev/hdc /mnt/cdrom
※/dev/hdcは、ATAPIのセカンダリ/マスターのこと。

/dev/hda ATAPIプライマリ/マスター
/dev/hdb ATAPIプライマリ/スレーブ
/dev/hdc ATAPIセカンダリ/マスター
/dev/hdd ATAPIセカンダリ/スレーブ

/dev/sda SCSIディスク#1
/dev/sdb SCSIディスク#2
/dev/sdc SCSIディスク#3

ドライブの探し方は、
[root@localhost mnt]# dmesg | grep CD
hdc: Virtual CD, ATAPI CD/DVD-ROM drive
Uniform CD-ROM driver Revision: 3.20
[root@localhost mnt]#

のようにdmesg(display message)で探せば簡単。