月曜日, 12月 02, 2013

Docomo SPモードメールが、googlegroupsでバウンスになってしまう理由と対策

DocomoのSPモードでなりすましメールを拒否していると、googlegroups.comなどのメーリングリスト(以下ML)は、なりすましメールと判断され、正しく設定しないと、MLのメールは、バウンス(宛先不明)になってしまうことがあります。

cf.
https://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/domain/setting/spmode/


SPモードメールのフィルターは、
  • なりすましメール拒否時に動く宛先指定でのフィルター「ステップ3 宛先指定受信」
  • なりすましメールとは関係なく動くドメインごとのフィルター「ステップ4 受信設定」
の2種類あり、「宛先指定受信」でMLのアドレスを指定するか、「受信設定」で@googlegroups.comを加えると受信できるようです。

しかし、どうやら「受信設定」のドメイン単位だけで許可すると、googlegroups.comからのメールを受信できても、サーバーには宛先不明のメールを返すらしく、バウンス判定されることがあります
…たぶん、「ステップ4 受信設定」は、ステップ3の処理が先に走り、なりすましフィルターがなりすましと判断して、サーバーに宛先不明を通知する(結果googlegroupsはバウンス認定)。そのあとステップ4の受信設定でドメイン指定で許可したドメインのメールを受信する。そのため、受信できていながらもバウンス認定されている罠・・・ねっていうプログラム

そのままにしておくと、googlegroupsは宛先不明には送信しなくなるので、「ステップ3 宛先指定受信」に、参加しているMLのアドレスを書きましょう。

[@googlegroups.comのメールを、Docomo SPモードメールで受信する]

・SPメール > メール設定 > その他 > メール全般の設定 > 2.迷惑メール対策設定 > 「詳細設定」を選択。
・SPモードパスワードを入力。
・受信/拒否設定で設定を選択して、「次へ」を選択。
・「ステップ3 宛先指定受信」を選択。
・MLのアドレスを入力する。